昔から人気の田七人参を使用した健康食品|肝機能を高めて健康体へ

メンズ
  1. ホーム
  2. 身体に有害な活性酸素

身体に有害な活性酸素

錠剤

活性酸素を除去する酵素

みなさん、「丹羽SOD」という言葉を聞いたことがありますか。少し耳慣れない言葉かも知れませんが、これは身体に様々な悪影響を与える活性酸素を除去する働きが期待できる療法のことなのです。「丹羽SOD」の「丹羽」は京都大学医学部を卒業された医学博士、丹羽耕三の名前からきています。そして「SOD」は体内で生産される抗酸化物質である「SOD酵素」のことを指しています。丹羽先生は癌やリューマチ、重度のアトピーなどの多くの難病の原因は活性酸素の異常からくるものであると解明し、これらの難病の治療にSODと呼ばれる酵素を使用した療法を確立、大きな治療成果をあげています。丹羽先生がSOD酵素への研究に邁進した理由は、当時小学3年生だった長男を白血病で亡くされたことに由来しているそうです。子どもと同じ苦しみを味わう人を少しでも減らしたい、楽にしてあげたいという気持ちが研究への原動力になったのでしょう。

どんな特徴の酵素なのか

この丹羽SOD療法に使用される酵素は、一体どんな特徴のあるものなのでしょうか。まず長所として、「体内で作り出すことができる」点が挙げられます。ただし、酵素は蛋白質から生産されるため、良質の蛋白質を十分に摂取する必要があります。次に「合成量や質を心配する必要がない」点です。蛋白質を摂取することで自然に生産されるため、薬のように用法容量を気にする必要がない物質であると言えます。短所としては、「40才を越えるとSOD生産能力が減少してしまう」点です。これにより様々な老化現象が起きたり、生活習慣病や癌などの病気を発症しやすくなってしまいます。次に「生産能力に個人差がある」点です。病気の発症のしやすさや、発症後の症状の重さに影響を及ぼします。ですが丹羽SOD療法のすごいところは、これら体内で生産される酵素と同じ構造をした酵素をお茶などの食品から気軽に補えるという点にあります。